12月13日のメニュー写真

椙山女学園大学附属小学校の給食の特長

しっかり食べることが一番大切。
残さず食べられること優先に、献立を考えています。

  • 野菜が苦手な子供が多いため、汁物に入れたり、ソースに混ぜるなど、野菜を食べやすくする調理の工夫をしています。
  • 行事食やイベント食、ご当地メニューを取り入れて、子供たちに食べること、給食に興味を持ってもらえるように工夫しています。
  • 子供たちにリクエストメニューのアンケートを取り、子供たちの声にも耳を傾けながら献立の作成をしています。

バランスの良いメニューで健康な身体作り

  • 1回の給食に使用する食材は、3色食品群をバランスよく使用し、子供たちの健康な身体作りをサポートしています。
  • アレルギー食にも対応しています。卵、乳製品、えび・かにの3種類については代替え食を用意しています。
  • 和食メニューの例写真和食メニューの例
  • 洋食メニューの例写真洋食メニューの例

椙山女学園大学附属小学校の食育

本校では子どもたちが、生涯にわたって、自分らしく、いきいきと暮らすことができるよう、『健やかな人間:「健康な人間」「こころ豊かな人間」「環境にやさしい人間」』を育成するために食育を推進しています。

椙山女学園食育推進センター、椙山女学園大学管理栄養学科の学生と協働し、給食の評価や児童の「食」に対する理解を促進し、さらにPTAとの協働による給食改善活動や行事給食でのイベントの企画・運営なども実施しています。 このほか、椙山女学園食育推進センターが主催で本校児童向けに「親子料理教室」を開催するなど、さまざまな角度から食の知識・体験を充実させることが本校の食育の特長です。

親子料理教室写真

ページの先頭へ